ダイヤモンドの価値|宝飾のサイズによって価格が大きく異なる結婚指輪のデザイン
花嫁

宝飾のサイズによって価格が大きく異なる結婚指輪のデザイン

ダイヤモンドの価値

ダイヤモンド

4Cとは

ダイヤモンドは宝石の中で唯一、世界共通の明確な評価基準が設けられています。カラット、カラー、クラリティ、カットの4Cで総合的に評価されます。カラットが一番良く耳にする言葉ですが、これは大きさではなく実は重さを表す単位です。1カラットは0.2gで、重くなるほどその希少価値は高くなります。カラーは、その名の通り色についての評価ですが、ダイヤモンドは無色透明なものほど価値があります。次にクラリティですが、これは透明度を表す基準です。透明度を妨げる傷と、内包物が少ないものが価値が高くなります。そして最後が、4Cの中で最も重要だとされているカットです。カッターズブランドのラザールダイヤモンドによって、その重要性が認識されました。カットは人による加工技術が評価の対象となりますが、ダイヤモンドの輝きと価値を左右するのもカットにかかっていると言っても過言ではありません。

妥協を許さない姿勢

美しく輝くダイヤモンドには、最高のカッティング技術が必要ですが、それを実現しているのがラザールダイヤモンドです。原石選びからこだわる姿勢は有名ですが、ダイヤモンドの美しさを更に引き立てるために、リングのデザインにもこだわりを持っています。ラザールダイヤモンドでは、リングとダイヤモンドの組み合わせを自分で決めることができます。もちろんどのような組み合わせでも、ラザールダイヤモンドの技術で完成度の高いリングに仕上がることは言うまでもありません。センターダイヤモンド、メレダイヤモンド、リングの全てにおいて妥協を許さない姿勢が、世界中の人から愛されている理由です。リングはもちろん、ダイヤモンドにレーザー刻印できる独自のサービスも高い技術力が成せることです。